脳がよろこぶ「教養」

ジョン・ハンターが集めた標本を元にしたハンテリアン博物館

ハンテリアン博物館で有名なジョン・ハンターの破天荒だけじゃない生涯

解剖と標本作りが大好きで個人で1万4000点もの標本を集めた18世紀の外科医ジョン・ハンターのコレクションが元になったハンテリアン博物館。展示物に圧倒されるだけではなく、ジョン・ハンターの生涯もとっても面白い!
(ハンター愛が爆発してかなりの長文になってしまいましたが、あきれずお付き合いください。)

さらに詳しく

描かれた病:表紙

描かれた病 -疫病および芸術としての医学挿絵- リチャード・バーネット著

昔は病気を記録するのにイラストがつかわれていた。これがベストなのではなく写真という技術がなかったからだ。そのイラストを今みると現代の写真より多くの感情や情報が目に飛び込んでくる。そんな本というより作品集「描かれた病 -疫病および芸術としての医学挿絵-」を紹介します。

さらに詳しく

目次