やまちゃんのたこ焼き:Mハルさん

大阪の美味しいたこ焼き『やまちゃん』を生粋の大阪人が詳しく紹介するで!

出典:食べログ Mハルさん

大阪で美味しいたこ焼きを食べようと思うけどどこがいいの?というあなたがお店選びに失敗しないよう、大阪市民の僕が「ここやで!」と自信をもってすすれられるお店を紹介します。あと、周辺スポットも!

たこ焼きならここで間違いない

たこ焼きやまちゃん本店:hiro0827さん

出典:食べログ hiro0827さん

日本一の超高層ビル「あべのハルカス」のフモトにある「やまちゃん本店」をオススメします。

なんか聞いたことあるなって方、ちょっと手を上げてもらっていいですか。あら、こんなに!ってなるくらいの有名店です。やまちゃんは観光客のみなさんだけでなく、僕のような地元の人にも愛される定番中の定番のお店です。

なーんて、僕がいくら大きな声で言ったって、関西人がヒステリックにたこ焼きを語ってるようにしか見えないですよね。そこで客観的な評価を紹介。

こんな感じ
  • 「ミシュランガイド京都・大阪」のビブグルマンに2年連続掲載
  • 食べログ大阪府のたこ焼きランキング1位
「ビブグルマン」の解説
ミシュランに掲載されるお店は星をもらった高級店というイメージが強いが、ビブグルマンは星による評価からははずれるけどコストパフォーマンスが高く、調査員たちがオススメしたいお店につけられる評価。海外では多くの人に親しまれている。

ここまで書くと「有名なだけなんじゃないの?」「こういうとこにかぎって別にうまくないんだよなー」って思いませんでした?僕ならおもっちゃう。でも大丈夫。大阪にきていろんなたこ焼き屋さんをまわらなくても、定番界No.1のやまちゃんのたこ焼きを食べればひとまず安心です。

やまちゃん本店について

たこ焼き:柚子胡椒姫さん

出典:食べログ 柚子胡椒姫さん

ここまでやまちゃん本店について、音楽でいうところのイントロ部分を紹介してきました。ここからはお店のことについて紹介していきます。

やまちゃん本店の基本情報
住所:
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-34
問合わせ:
06-6622-5307
営業時間:
平日11:00~23:00
土11:00~23:00
日・祝11:00~22:30
定休日:
第3木曜日
近くの駅:
あべの橋駅(近鉄)、天王寺駅(JR/地下鉄)

特徴

だしへのこだわりがすごい

鶏ガラと玉ねぎ・キャベツ・ニンジン・パイナップル・りんごなど10種類以上の野菜とフルーツを長時間煮込んだスープと、かつおと昆布でとっただしをブレンド。これに粉を入れた風味豊かな生地がとにかくうまい。

具材のこだわり

具材はタコとネギとというシンプルな組み合わせ。このシンプルさがだしの効いた生地の味を邪魔しません。「やまちゃんのタコは小さい」と言われることがありますが、あくまで全体のバランス・おいしさを重視した結果なんです。

鉄板が分厚い

ぶ厚い鉄板は熱を均一・安定した状態で伝えることで高温で焼き上げることができ、外はカリリッ、中はとろ〜っと仕上げることができます。

どんな人に利用されてるか

ヤングが中心です。それでも、幅広い層に愛された店なので観光で来てる人はもちろん、地元の若い子や、近くで働く人、近所のおばちゃんなどさまざまです。

やまちゃんのメニュー

やまちゃん本店のメニューはたこ焼きのみ。そのたこ焼きをどんな味で食べるのかを6種類の中から選びます。

メニュー一覧
  • ベスト
  • ヤング
  • ヤングB
  • レギュラー
  • 辛口
  • ごま油塩(ねぎ付き)

人気なのはだしの味がきいた生地をなにもつけずに食べる「ベスト」と、ベタにソース&マヨネーズで食べる「ヤング」。ここは2種類買ってわけわけするか、ハーフ&ハーフでで2種類の味を楽しみましょう。

ベスト

なにもつけずにそのまま。って聞くとちょっと不安になる人もいると思うけど、こだわりのだしをつかっているのでしっかりと味がついています。

ヤング

ソースとマヨネーズ。こだわりの生地の味がしっかりとしたベースになり、「ソース&マヨネーズ」というより「ソース&マヨネーズ&だし」。深みのあるおいしさ。僕は最終的にこれにおちついた。

ヤングB

自家製醤油とマヨネーズ。すこしトロミのある自家製醤油がだしの効いた生地に合わないわけがない。そこにマヨネーズでコクがプラス。根強い人気。

レギュラー

ソースと青のり。昔ながらのどこかほっこりする味付け。そのまま食べる「ベスト」じゃものたりない、マヨネーズもあまり好きじゃないという方にオススメ。

辛口

自家製醤油と青のり。「辛口」という名前だけどそんなに辛くない。たこ焼きと自家製醤油のシンプルな組み合わせに青のりの風味がやさしい。

ごま油塩(ねぎ付き)

ごま油の風味と塩の組み合わせの素晴らしさを知ってる人にはたまらない味付け。ビールが恋しくなるでしょう。

値段

ちょっと食べたくなってきたところで、気になるのが値段です。個数と値段だけ聞くと高く感じたかもしれません。食べログの人気たこ焼き屋さんでもまれに安い店がありますが、やまちゃんは普通くらいです。

たこ焼きの価格
  • 6コ 330円(すぐ食べる人用)
  • 8コ 440円
  • 10コ 550円
  • 16コ 880円
ヒント
  • やまちゃんでは「すぐ食べる人用」に用意された6コ330円というのがあり、持ち帰りは8コ440円からとなっています。
  • 今のところ、クーポンなどはないようです。

たこの大きさ

たこは大きくありません。たこの大きさを強くアピールするお店もめずらしくないので「せこいなー」なんて感じる人もいるかもしれません。

やまちゃんが重視するのはあくまで全体のバランスです。それは、こだわりの生地をおいしく食べてもらうためのバランスです。炒飯に入ったチャーシューはあの大きさと量だからおいしいように大きすぎたり、たくさん入るとバランスがくずれ、炒飯のシンプルなおいしさがボヤけてしまうようなものです。

すぐ買えるか

人気店でお客さんが並んでることがありますが、回転がはやいのでそんなにまつことはありません。しかし、連休中はいつもより行列が長くなるので10分ほどまつこともあります。

ヒント
そんなに待てない!という方には、本店から50歩という近さの「やまちゃん2号店」をオススメ。こちらは本店ほど混んでいないのですぐに食べられるはずです。本店とくらべて値段がすこし高くなるので注意してください。

注文の仕方

もちろん決まりはないので安心してください。「ベスト、6コ入り!」「8コ入りをヤングで!」みたいな感じで、「味付け」と「数量」をわかりやすく注文すれば大丈夫です。

接客

せっかくの観光だというのに気分悪くなるのだけは避けたいですよね。

やまちゃん本店の店員さんは、たこ焼きを手際よく焼くだけではありません。明るく、元気のいい関西弁なので”大阪に来た感”をたっぷりあじわえます。

飲み物

やまちゃん本店に飲み物は売ってないんですよね。そういうことなんで前もって用意しとくか、やまちゃん本店から1分のところにローソン阿部野橋南店があるのでそちらを利用しましょう。

食べる場所

持ち帰り専門のお店なので店の中に食べるスペースは用意されてません。みんなどこで食べてるかっていうと「そのへん」です。これ、適当に言ってるようでそうでもないんです。

実際に行ってもらうとわかるんですけど、お店の横とか、ちょっと行ったとこで立ちながらたこ焼きを楽しそうにハフハフ食べてる先輩たちがいます。あなたもこの先輩たちのマネをして「そのへん」で友達や恋人と会話を楽しみながらハフハフ食べてみましょう。

ヒント
持ち帰らずなるべくできたてをその場で食べるのがオススメ。なんでかって言うと、持ち帰り用の容器には当然フタがついてますよね。フタをすることでせっかくの「外側カリリッ」が「外側フニャリン」になってしまうからなんです。はい。

ゆっくり座って食べたい!

すわってゆっくり味わいたい人はやまちゃん本店から50歩のところにある「やまちゃん2号店」なんていかがでしょーか。本店で買ったたこ焼きを持っては入れないので、2号店で注文することになります。

2号店は店内で食べられるだけじゃなく、本店にはない焼きそばや明石焼き、ジュースやビールなども置いてるのでゆっくりできるはずです。ただ、たこ焼きの値段が本店よりちょっと高くなってます。

本店以外のお店

今回は「やまちゃん本店」を紹介しましたが、「本店」というだけあって支店がいくつかあるのでここで紹介しておきます。

本店以外のお店
  • 2号店
  • 天王寺北口店
  • USJ店
  • 難波店
  • お台場たこ焼きミュージアム店(東京)

2号店

本店から50歩のところにあります。こちらでは、本店とちがい店内で食べることができます。あとね、ドリンクや焼きそばなどたこ焼き以外ののメニューありますよー。

2号店の基本情報
住所:
〒545-0053 大阪市阿倍野区松崎町2-3-53 川上ビル1F
問合わせ:
06-6626-6680
イートイン:
35席(喫煙8席、禁煙27席)
営業時間:
平日12:00~23:30(23:00ラストオーダー)
日・祝11:00~23:00(22:30ラストオーダー)
定休日:
不定休
食べログで「2号店」の口コミをみる

天王寺北口店

周辺には芝生の公園、動物園、お寺なんかがあります。限定メニューもあり。

天王寺北口店の基本情報
住所:
〒543-0056 大阪市天王寺区堀越町14-13
問合わせ:
06-7850-7080
営業時間:
平日11:00~23:00
日・祝11:00~22:30
定休日:
不定休
食べログで「天王寺北口店」の口コミをみる

USJ店

USJの隣にある「大阪たこ焼きミュージアムの中にあります。大阪たこ焼きミュージアムでは有名な会津屋、くくる、甲賀流などのたこ焼きも食べることができます。

USJ店の基本情報
住所:
〒554-0024 大阪市此花区島屋6-2-61 たこやきミュージアム内
問い合わせ:
06-6467-5225
営業時間:
平日11:00~22:00
定休日:
不定休
食べログで「USJ店」の口コミをみる

難波店

個性的な料理店が集まる「なんばこめじるし」にあります。たこ焼き以外にも塩ラーメン屋、串カツ屋、天ぷら屋などがあります。

難波店の基本情報
住所:
大阪市浪速区 難波中 2-10-25 なんばこめじるし
問い合わせ:
06-6644-2728
営業時間:
火~土 11:45~21:30
日・祝 11:30~21:30 
定休日:
月曜日(祝日の際は翌火曜日)
食べログで「難波店」の口コミをみる

お台場たこ焼きミュージアム店(東京)

お台場たこ焼きミュージアムでは、やまちゃんの他に、会津屋、くくる、十八番、芋蛸などがあります。

たこ焼きミュージアム店の基本情報
住所:
〒135-0091 東京都港区台場1-6-1 シーサイドモール4F お台場たこやきミュージアム
問い合わせ:
03-3599-3755
営業時間:
11:00~21:00 ※季節により異なる場合がございます。
食べログで「お台場たこ焼きミュージアム店」の口コミをみる

近所で有名なお店・スポット

せっかくやまちゃんに美味しいたこ焼きを食べにくるんですから色々寄ってみませんか?やまちゃん本店がある阿倍野は梅田や難波に次ぐ大阪で3番目のにぎやかな街やまちゃんから歩いていける代表的なスポットを紹介します。

あべのハルカス(徒歩3分)

高さ300メートルのちょう高層ビル。最上階からは「家、家、家」な大阪を見渡すことができる(有料)。ビルの中には近鉄百貨店、都ホテル、美術館などがはいっています。

あべのキューズモール(徒歩4分)

モール型ショッピングセンター。ユニクロ、東急ハンズ、SHIBUYA109など、約250店が出店しています。

てんしば(徒歩8分)

芝生の広場。そのまわりにはコンビニだけでなく、お茶や食事なんかができる店があります。

天王寺動物園(14分)

日本で3番目に長い歴史をもつ動物園。大人500円、小・中学生200円。いろんな動物の生息地の景観を再現した「生態的展示」が人気。

四天王寺(14分)

都会のパワースポット四天王は聖徳太子が建てたお寺。広い敷地内に国宝・重要文化財を所蔵する「宝物館」、日本庭園の「極楽浄土の庭」、五重塔などがある。

通天閣(18分)

最近では低くて有名な通天閣、揚げたてでおいしいたくさんの串カツ屋、世界の大温泉スパワールドなど、大阪らしくガチャガチャしたにぎやかさの繁華街。

変わり種のたこ焼きを紹介

ど定番のたこ焼き屋さんを紹介したので、すこし変わったたこ焼き屋さんも紹介させてくだい。もちろん「変わってる」だけじゃなくちゃーんと「おいしい」お店です。

オマール海老の出汁をつかった「玉屋」

玉屋:eb2002621さん

出典:食べログ eb2002621さん

最近テレビでよくみかける玉屋のたこ焼きはオマール海老を中心に生ダコや昆布、鶏ガラ、野菜、フルーツなどの旨味成分をギュギュッとしぼりだした「究極の出汁」をつかっています。

一番人気は「岩塩+マヨネーズ」。岩塩は海老のだしを生かし、マヨネーズは口の中に広がる海老の風味とマッチ。この組み合わせを考えた人を笑顔で拝みたくなるうまさです。

「岩塩+マヨネーズ」以外にもいろんな味付けがあります。って聞くといろんなのを試したくなるのが人情ですよね。

それに答える「玉屋ざんまい」というメニューがあります。これは、ソース、カレー、ねぎとポン酢、岩塩とマヨネーズ、にんにく醤油、マヨネーズと七味、醤油、なにもつけないという8個入りのたこ焼きを8種類の味がで楽しめるというものです。

やまちゃん本店から玉屋本店までは、電車と歩きを合わせて約30分かかります。けっこう時間がかかるので機会があればどうぞ。

玉屋の基本情報
店名:たこ焼き「玉屋」本店
住所:
大阪市北区国分寺1丁目3-4
近くの駅:
地下鉄天神橋筋6丁目駅2番出口より東へ歩いて3分
問い合わせ:
06-6358-0866
定休日:
不定休

まとめ

ながいあいだ関西人のヒステリックな叫びを聞いていただきありがとうございました。

いま、記事を読み返したのですが、なんですかこれ。普通に考えてやまちゃんのまわし者ですよね。もちろんそんなこたーなくて、やまちゃんを愛するいち関西人でしかありません。ということでまとめます!

- まとめるとこんな感じ -
  • 阿倍野にある「やまちゃん本店」がオススメ
  • 「ミシュランガイド京都・大阪」に掲載
  • こだわりのだしをつかった記事がうまい
  • 観光客だけでなく、地元の幅広い層に愛されている
  • 味付けは6種類で、なにもつけない「ベスト」と、ソースとマヨネーズの「ヤング」が特に人気
  • お持ち帰り専門。ゆっくり食べたい人は近くにある2号店を利用
  • 本店以外にも、難波やUSJの近くでも食べられる
  • 周辺には超高層ビルのあべのハルカスや天王寺動物園、四天王寺など楽しめるスポットあり
  • すこし変わったたこ焼きでは、オマール海老のダシをつかった「玉屋」がおすすめ
  • やまちゃんのたこ焼きが家でも食べられる

男性

プロフィール画像

この記事を書いたのは

ひらがな

小学生の頃。土曜日の昼はテレビで吉本新喜劇をみながら昼ごはんを食べてた大阪生まれ大阪育ちのひらがなです。もっと詳しく

ヒザウチ!では、ていねいな記事づくりをこころがけているので毎日の更新はむずかしい状態です。そこでヒザウチ!のtwitterをフォローしてみるのはどうでしょうか。ツイート内容はブログの更新予告や更新情報のみであなたのタイムラインの邪魔になりません。そんな感じなのでフォローよろしくお願いします。
目次