ドルチェグストのおすすめブラックコーヒーと全9種類評判&レビュー

ドルチェグストのブラックコーヒーってどんなもんで、どんな種類があるのか気になりますよね。

この記事では

  • ドルチェグストで人気のブラックコーヒー
  • ブラックコーヒー全種類解説
  • カフェやコンビニコーヒーとの比較

これらとブラックコーヒーのアレンジやちょい足しについても紹介してるので参考にしてくださいね。

はじめに

ブラックコーヒーとは

もうしわけねぇです。あとで叱られるのがイヤなので最初に言っておきたいことがあります。

ここでのブラックコーヒーは砂糖もミルクもはいってないコーヒーということでお願いします。

「なんもしらねーんだなぁ、海外なんかじゃ砂糖がはいっててもミルクをいれなきゃブラックコーヒーなんだよ?最近じゃー加糖ブラックなんてのもあるでしょーよ」

わかります。わかりますけど今回は一般的なブラックコーヒーのイメージである「砂糖・ミルクなし」でいかせていただきます。

ドルチェグストのブラックコーヒー

9種類の個性あるブラックコーヒー

ドルチェグストのブラックコーヒーは

  • オリジナルブレンド
  • リッチブレンド
  • モカブレンド
  • レギュラーブレンド(ルンゴ)
  • レギュラーブレンド(カフェインレス)
  • ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)
  • アイスコーヒーブレンド
  • エスプレッソ
  • エスプレッソ インテンソ

この9種類。

ドルチェグストはカプセル(コーヒーの種類)を選べても、豆自体を自由に選べないからこのみにあったコーヒーと出会えないんじゃないか心配ですよね。

でもブラックコーヒーだけで9種類用意されています。

しかも適当に9種類用意したんじゃないんですよ。

一定のクオリティのなかからいろんなひとのこのみあわせて選び出されてるんであなたのこのみにピッタリあったブラックコーヒーがあるはずです。

ちなみにブラックコーヒーにはミルクや砂糖がついてきたりしないんで、いるよ!ってひとは自分で用意してくださいね。

まとめ
ドルチェグストのブラックコーヒーは全部で9種類。あなたのこのみにあったコーヒーがみつかります。

amazonや楽天などで人気なのリッチブレンド

みんなに人気のブラックコーヒー

9種類のブラックコーヒーがあるのはわかったけど、どれがいいかわかんないですよね。

ということで世間ではどのブラックコーヒーが人気なのか知って参考にしてください。

  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

これらのお店ではどれが売れてんのか調べてみたんで一緒にみてみましょう。

あ、あんまダラダラながいのもあれなんで各お店ベスト3までにしときました。

2018年3月28日現在のランキングです。

amazon
  1. リッチブレンド
  2. レギュラーブレンド(ルンゴ)
  3. モカブレンド
楽天市場
  1. リッチブレンド
  2. レギュラーブレンド(ルンゴ)
  3. アイスコーヒーブレンド
Yahoo!ショッピング
  1. レギュラーブレンド
  2. リッチブレンド(ルンゴ)
  3. アイスコーヒーブレンド

総合
ランキング

1リッチブレンド

2レギュラーブレンド(ルンゴ)

3アイスコーヒーブレンド

リッチブレンドレギュラーブレンドが人気なのがよくわかりましたよね。

どちらも全体のバランスがよく、万人ウケする味なので、どれにすればいいか悩んだら、ますばこのあたりから試してみましょう。

あと、調べた時期(2018年3月28日)がちょうどあたたかくなってきたとこだったのも影響してか、アイスコーヒーブレンドが人気です。

アイスコーヒーの次はモカブレンドが人気だったのでアイスがほしい季節じゃなかったらモカブレンドが3位にくいこんでくるって考えていいと思います。

ちなみに今回はブラックコーヒーがテーマなので除外しましたけど、全メニューを対象にしてたらカフェオレが各お店で3位でした。強いなぁ。

さーベスト3にはいってきたものやそれ以外のブラックコーヒーはいったいどんなコーヒーなのか気になってきましたよね。

次はそれぞれのブラックコーヒーについてのお話していしますね。

まとめ
amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでは『リッチブレンド』と『レギュラーブレンド』が人気。

ブラックコーヒー全9種類を紹介

特徴、価格、みんなの感想など

ドルチェグストのブラックコーヒー全9種類を

  • コーヒーの簡単な紹介
  • 特徴
  • 豆の原産国
  • 1杯の量
  • 内容量
  • 値段
  • 1杯の値段
  • みんなの感想

これらの項目にそって紹介していきます。

『コーヒーの紹介』と『特徴』はぼくの偏見に満ち満ちた個人的な感想になってるんでそのへんはご了承くださいね。

そうそう。価格はすべて1箱(16杯分)で980円ですが『マシン無料レンタルカプセルお届け便』というサービスを利用するとドルチェグストのコーヒーマシンを無料でレンタルできるうえにコーヒーを5%〜10%安く買うことができるキャンペーンをやってるので、気になったひとはこちらのネスレ公式サイトをのぞいてみてくださいね。

ネスカフェ ドルチェ グスト【ネスレ日本公式】
ドルチェグストの公式サイトに移動します

では、総合ランキングのベスト3から、あとは適当な順番でいきます!

ブラックコーヒー紹介

リッチブレンド

amazon、楽天市場で1位


amazon、楽天市場のランキング(ドルチェグストのカプセル)で1位のリッチブレンド。

200ml(一般的なマグカップ7〜8分目)もあるのでたっぷりのめるのがうれしい。

いわゆるアメリカンコーヒーのたたずまい。人気者なだけあって味のバランスは一番いい。

リッチブレンドの特徴

  • ハッキリした苦味
  • スッキリさを演出する酸味
  • 万人ウケする味

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、エチオピア
1杯の量:200ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

レギュラーブレンド(ルンゴ)

教科書的コーヒー

教科書的なコーヒーといった印象。濃いめなのでミルクをいれても、俺はコーヒーだぞ!ここにいるぞ!と存在感をアピールしてくる。

ちなみに『ルンゴ』はイタリア語で『長い』って意味で、通常より長い時間をかけ抽出したのをルンゴっていうんだとか。

レギュラーブレンド(ルンゴ)の特徴

  • 苦味・酸味のバランスがよい
  • マイルドで飲みやすい
  • 芳醇な香り

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、エチオピア
1杯の量:120ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

アイスコーヒーブレンド

お店のような本格的な味


ボトルやパックのアイスコーヒーのものとちがい、お店のような本格的な味

作り方は氷をいれたカップにカップに濃いめにつくったあたたかいコーヒーをそそぎます。

「濃いめに」とボンヤリしたことを言われてとまどいましたよね。安心してください。お湯の量はあらかじめ決められてるので指示どおり設定するだけです。

そのままホットで飲んでもおいしいですよ。

アイスコーヒーブレンドの特徴

  • 酸味がありスッキリ
  • キレがよくてあと口サッパリ
  • 牛乳との相性バッチリ

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、ブラジル
1杯の量:90ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

モカブレンド

歴史上最古のブランド


かんちがいされやすいので最初にお話すると、エスプレッソコーヒーにチョコシロップとミルクがはいったスタバのカフェモカとは別物です。

あくまでブラックコーヒー。

歴史上一番古いブランドといわれているモカは日本で人気。

200ml(一般的なマグカップ7〜8分目)なのでマグカップでたっぷり飲める。

モカブレンドの特徴

  • さわやかでフルーティーな香り
  • 酸味が強めだけど苦味とのバランスがとれてる
  • あっさりのなかにしっかりしたコクがある

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、エチオピア
1杯の量:200ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

オリジナルブレンド

バランスのとれたまろやかな味わい


「バランスのとれたまろやかな味わい」と公式サイトで紹介されてますが、どちらかというと個性ががなく、濃いのが好きなぼくとしては物足りない

200ml(一般的なマグカップ7〜8分目)のたっぷりサイズ。

オリジナルブレンドの特徴

  • 香りがきもち弱い
  • 抑えられた苦味
  • スッキリしてて飲みやすい

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、ブラジル
1杯の量:200ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)

濃いのが好きなかたへ


濃いのが好き!でもエスプレッソは濃すぎる!というひとにオススメ。

ちなみに『ルンゴ』は『長い』、『インテンソ』は『激しい』って意味なのであわせてザックリと『濃いコーヒー』くらいのイメージでオッケーです。

ローストブレンド (ルンゴ インテンソ)の特徴

  • 豆を深く炒ったことでうまれたパンチ
  • まったりしたコクと深み
  • 濃いめなのでミルクとの相性がよい

みんなの感想

その他

豆の原産国:ブラジル
1杯の量:120ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

エスプレッソ

カフェラテやカプチーノのベース


カフェラテやカプチーノのベースになってるのがこのエスプレッソ。意味はイタリア語で『急行』。

短時間で抽出するのでこの名前なんだとか。それなら特急だろうというツッコミはイタリア人に通じないのでお静かに。

アイスクリームにかけるとハッピーになれます。

エスプレッソの特徴

  • 量が少ない(エスプレッソとはそういうものらしいです)
  • 苦味が強い
  • フルーティーな香り

みんなの感想

その他

豆の原産国:ブラジル、コロンビア
1杯の量:60ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

エスプレッソ インテンソ

パンチのあるエスプレッソ


エスプレッソに『激しい』という意味のインテンソがついてるので上で紹介したノーマルのエスプレッソよりパンチがあります。

ネスレ公式サイトによると世界で一番売れてんだとか。

ちなみに濃いのが好きなぼくはこれが一番好きです。

砂糖だけいれておいしく飲む以外にも、薄めてふつうのコーヒーとして飲むもよし、牛乳をたっぷりいれて飲むもよし、と使い勝手の良さがその理由です。

エスプレッソ インテンソの特徴

  • 力強い味とコク
  • ミルクとの相性は一番
  • しっかりとした深い苦味

みんなの感想

その他

豆の原産国:ブラジル、コロンビア
1杯の量:50ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

ブラックコーヒー紹介

レギュラーブレンド(カフェインレス)

カフェインが気になるひとへ


カフェインが気になるってひとの強い味方、カフェインレス。

薬品ではなく、水の力でカフェインを97%カットしています。

100%じゃないの?って思いますよね。でもこれくらいが一般的だったりします。

カフェインレスといえばパンチのないイメージですがこれはちがいます。

レギュラーブレンド(カフェインレス)の特徴

  • カフェインレスと言われなければ気づかないレベル
  • でもちょーっと薄いかな
  • と言いつつも香りと苦味はちゃんとある

みんなの感想

その他

豆の原産国:コロンビア、ブラジル
1杯の量:120ml
1箱の量:16個(16杯)
価格:980円
1杯あたりの価格:61円

まとめ
『ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)』『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』の3つは濃いめ、そのほかは個性豊かなブラックコーヒー。

コーヒーの抽出方法のお話

ドルチェグストはエスプレッソ式

その話いるッ?

って声が聞こえてきそうですけどあえて言わせてください。

ドルチェグストがどんな方法でコーヒーをいれてるか知ってますか?

んなもん知らないですよね。ふつうそんなこと気にしないですもん。

でもどんな方法でいれてるかを知ると、ドルチェグストのコーヒーがどんなのかイメージしやすくなるんです。

ということでここではドルチェグストがどんな方法でコーヒーをいれてるのかお話していきますね。

雑味を
ださない
エスプレッソ
方式

もったいぶる話でもないのでズバリいうと、ドルチェグストはエスプレッソ式を採用しています。

エスプレッソってコーヒーの名前だろッ!っておもいますよね。そのとおりです。

正確にはエスプレッソ式でいれたコーヒーのことをエスプレッソってよんでるって話です。

一般的なコーヒーのいれかたといったら、コーヒー豆にフラミンゴの首のようなポットからそーっとのの字を描きながらお湯をそそぐドリップ式が頭に浮かぶとおもいますがエスプレッソ式はこれとは別物。

優雅なドリップ式とちがい、エスプレッソ式は専用のマシンをつかってギャッとコーヒーいれます。『エスプレッソマシン』って聞いたありませんか?それです。

じっくりと黒くなるまで煎って粉状にしたコーヒー豆をエスプレッソマシンにセット。そこに高温・高圧の蒸気をとおすので短い時間でエスプレッソコーヒーができあがります。

ダラダラと時間をかけていれてたらコーヒーの雑味がでちゃうんですけど、エスプレッソは短時間でギャッっとできあがるので雑味がでにくく

  • 濃厚なコクと香り
  • 濃くてパンチがある
  • 旨味がある苦さ

こんな特徴があります。どれもドリップ式では味わえない魅力なんです。

でもすこし心配になりませんでしたか?そんな濃くてパンチのあるコーヒー、自分の口にあうかなって。

安心してください。エスプレッソ式というのはあくまでコーヒーのいれかたの話なので、このいれかたをしたからってすべてが濃くてパンチのあるエスプレッソになるわけじゃーないんです。

ローソンやファミリーマートのコンビニコーヒーはドルチェグストと同じエスプレッソ式なんですけど、濃い!パンチある〜!なんて思いましたか?そんなことなくてふつうのコーヒーでしたよね。

このことからわかるようにエスプレッソ式でも、ふつうのいわゆるアメリカンコーヒーみたいなアッサリしたものから、エスプレッソのような濃いパンチのあるコーヒーもつくれるという話なんです。

すこしは安心してもらえたでしょうか。

まとめ
ドルチェグストはエスプレッソ式を採用。アッサリからパンチのあるコーヒーまで幅広くたのしめる。

コンビニコーヒーやカフェと比べてみました

ドルチェグストとコンビニ・カフェとのちがい

ふだん飲んでるコンビニコーヒーやカフェのコーヒーとドルチェグスト、これらはどうちがうんでしょうか。

ここではコンビニコーヒー代表として

  • セブンイレブン セブンカフェ
  • ローソン マチカフェ

カフェ代表として

  • スターバックスコーヒー
  • ドトールコーヒー

のブラックコーヒーとドルチェグストのブラックコーヒーを

  • おいしさ
  • 価格
  • 気軽さ

で比較していこうかなとおもいます。

比べてみました

おいしさ

カフェやコンビニと同レベル

ドルチェグストとコンビニ・カフェチーム、どっちがおいしいのか気になりますよね。

ドルチェグストが一番おいしいというわけではないですけど、ドルチェグストとコンビニ・カフェチームとおなじレベルのおいしいです。

ドルチェグストはインスタントじゃありません。コンビニ・カフェチームとおなじで豆からコーヒーをつくるので味に大差がつくことはないんです。

ラーメンもインスタントとお店のラーメンじゃぁ味におおきな差がつきますけど、お店のラーメン同士だとそんなことないですよね。

おなじくらいのおいしさなのであとはこのみの問題ということになります。

それぞれのお店にある味の特徴。その特徴に似たドルチェグストのブラックコーヒーを紹介していきますね。

ほんとは「このコーヒーが好きなら、コレ(ズバッ!)」といいたいのですが、そこまでいいきるほどおなじような味のもはないんで、あくまで『似てる』でご勘弁くたざい。

セブンイレブン
セブンカフェ
ホットコーヒー R

  • 苦味や酸味は強くないのでスッキリ
  • バランスがよくこりゃ万人ウケするわ、って味
  • 比較的コーヒー感はよわい

このコーヒーが好きなひとは、万人ウケする味ということで『リッチブレンド』がオススメ。

ローソン
マチカフェ
コーヒー(S)

  • ドルチェグストとおなじエスプレッソ式なのでコーヒー感が強め
  • はっきりしてるけどバランスのとれた苦味と酸味
  • マイルド

このコーヒーが好きなひとは、苦味と酸味のバランスで『レギュラーブレンド(ルンゴ)』がオススメ

スターバックス
ドリップコーヒー

  • コーヒー豆が日替わりなので味が安定しない
  • 苦味が強い
  • 味は濃いめ

このコーヒーが好きなひとは、味が濃いめな『ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)』がオススメ

ドトールコーヒー
ブレンドコーヒー

  • まずいっていうひといるの?と思う反面、あたりさわりのない味
  • 味・コク・香りのバランスがよい
  • 角のない苦味

このコーヒーが好きなひとは苦味がおさえられた『オリジナルブレンド』がオススメ

ドルチェグストはブラックコーヒーだけで9種類もあるので、ここで紹介したお店以外でも、あなたのこのみにあったのが見つかるはずです。

比較

価格

コンビニコーヒーのおよそ半分

コンビニコーヒーやカフェとおなじくらいおいしくても、値段が高くちゃー意味がありませんよね。

結論だけいうとドルチェグストが一番安いんです。

ということでドルチェグストのブラックコーヒーと各お店のブラックコーヒーで一番小さいサイズのものと比べてみたのがの表です。

2018年4月5日現在、1杯分の価格です。
スターバックスコーヒー/ドリップコーヒー(S)・・・280円
ドトールコーヒー/ブレンドコーヒー(S)・・・220円
セブンイレブン セブンカフェ/ホットコーヒー R・・・100円
ローソン マチカフェ/コーヒー(S)・・・100円
ドルチェグスト ブラックコーヒー各種・・・61円

ドルチェグストのコーヒーの価格についてはこっちにも書いてるのでよかったら読んでみてくださいね。

【まとめ】ドルチェグスト無料レンタルの疑問にスッキリ回答/コーヒー1杯約60円って高くない?
1杯約60円は高いのか、について書いてる部分に移動します。

比較

気軽さ

いつでも気軽に飲める

コンビニやカフェのコーヒーを飲もうと思ったらお店まで行かなきゃいけません。

出かけたついでだったらまだいいんですけど、ウチにいてコーヒーが飲みたくなったら化粧したり髪形なおしたり服を着替えたりと用意するのがめんどくさいですよね。

しかも気温や天気がちょうどよけりゃいいですけど雨だったり寒かったり暑かったりした日にゃーめんどくさくなって、あばれるコーヒー飲みたい欲にフタをするしかありません。

コーヒーが飲みたいときに飲めないのはツライ!

ドルチェグストだったら何時でも、着替える服がなくても、雨が横にふっててもなーんにも関係ありません。

飲みたいときにおいしいコーヒーが飲めるんです。

そのほかにコンビニだと

  • 混む時間帯だとならぶ
  • 操作方法がわかりにくい
  • マシンが清潔に保たれてない

カフェだと

  • 注文方法でなやむ
  • 分煙がしっかりしてない
  • 変な客がいるとくつろげない

こんな不満があるとおもいますけど、ドルチェグストならすべて解決します。

ウチでコーヒーをいれて飲むので混雑やタバコのけむり、変な客にも悩まされることはありません。

操作方法はいたってシンプルなので1回目からおいしくつくれますし、マシンのお手入れもかなり簡単なので楽に清潔な状態を保つことができます。

まとめ
味だけだとドルチェグストよりおいしいお店がたくさんあるとおもいますが、総合的にみるとコンビニやカフェと比較してドルチェグストが上です。

ブラックコーヒーをアレンジしてみよう

いろんな楽しみかたを紹介

ブラックコーヒーはそのままで十分おいしいですけど、ブラックが苦手なひとにだしたりするときや、たまには変化を楽しみたいということもありますよね。

ここではブラックコーヒーのアレンジやちょい足しを紹介していきます。

アレンジ

カフェオレ

ブラックコーヒーアレンジ:カフェオレ

カフェラテの派手な登場ですっかり目立たなくなったカフェオレ。その影の薄さと反比例するうまさでチャラつかない人気です。

コーヒーにあたためた牛乳をいれて。割合はコーヒー5、牛乳5。ドルチェグストメニューでは『ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)』がカフェオレにむいています。

アレンジ

カフェラテ

ブラックコーヒーアレンジ:カフェラテ

カフェオレをミルク系コーヒートップの座からひきずりおろしたカフェラテ。いまではコンビニやカフェ、どこででもおみかけするほどの人気はブームではなく新定番。

エスプレッソにあたたかい牛乳をいれて。割合はエスプレッソ2、牛乳8。上で紹介したカフェオレはふつうのコーヒーですけど、カフェラテはエスプレッソがベースになっているのがおおきなちがいです。

ドルチェグストメニューでは『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』がカフェラテにむいています。

アレンジ

カプチーノ

ブラックコーヒーアレンジ:カプチーノ

カフェラテと見た目がにてるのでゴッチャになりがちなカプチーノは泡だてた牛乳が特徴。

ふわふわに泡だてた牛乳に目がいき、こちらのほうがミルク感が強そうにみえますよね。

実際につわれてる牛乳の量はカフェラテほど多くはないのでコーヒー感が強くビターな味わい。

エスプレッソにあたためた牛乳と泡だてた牛乳をそそぎます。割合はエスプレッソ1、あたためた牛乳1、泡だてた牛乳1。牛乳を泡だてるにはミルクフォーマーが便利。100均で買えます。

ドルチェグストメニューでは『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』がカプチーノにむいています。

アレンジ

アフォガード

ブラックコーヒーアレンジ:アフォガード

『アフォガード』は『溺れた』という意味。エスプレッソに溺れたバニラアイスを食べる残酷なスイーツ。だがうまい。

つくりかたはそのままで、バニラアイスに熱いエスプレッソをかけていただきます。

バニラアイスの甘さとエスプレッソの苦味のバランスが時間の経過とともに変化していきいろんな味を楽しむことができます。

ドルチェグストメニューでは『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』がカプチーノにむいています。

アレンジ

カフェモカ

ブラックコーヒーアレンジ:カフェモカ

カフェモカはエスプレッソにチョコと牛乳をまぜたスイーツ系ドリンク。

スタバやドトール、あとはコンビニにもあるくらいの人気定番ドリンク。

エスプレッソにチョコレートシロップ(粉末のココアでもよい)、あたためた牛乳をまぜたらできあがり。このみでホイップクリームをトッピングしたりします。

つかれたカラダにカフェモカの甘さがしみますよ。

ちょい足し

チョコ

ブラックコーヒーちょい足し:チョコレート

とけやすいように細かくしたチョレートをコーヒーにいれると、上で紹介したカフェモカっぽくなります。

そんなに細かくない状態でコーヒーにポチャンといれて、かき混ぜながら味の変化をたのしむのもいい感じですよ。

ちょい足し

あんこ

ブラックコーヒーちょい足し:あんこ

「ブラックコーヒーにあんこをいれる」ではなく、『あんこコーヒー』とよばれるくらい親しまれてる組み合わせ。

砂糖の代わりにあんこをいれる感覚でコーヒーにいれ、かき混ぜながらいただきます。粒あん、こしあんはおこのみで。

万人ウケする味ではありませんがコーヒーの苦味とあんこの組み合わせはなかなかのものです。

ちょい足し

練乳

ブラックコーヒーちょい足し:練乳

ブラックコーヒーと練乳はベトナムの伝統的な組み合わせ。

練乳をいれることで甘くなるだけじゃなくてミルク感もあって濃厚、しかもやさしい味です。

ドルチェグストメニューでは濃いめの『ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)』が練乳とあいます。

ちょい足し

はちみつ+牛乳

ブラックコーヒーちょい足し:はちみつ

コーヒー、はちみつ、牛乳の組み合わせは『コン・レーチェ』とよばれていてスペインでは一般的なのみかたです。

健康や美容にいいといわれてるはちみつをいれることでまろやかで濃厚な甘みになります。

ドルチェグストメニューでは『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』をベースにつくるのがオススメです。

ちょい足し

シナモン

ブラックコーヒーちょい足し:シナモン

アップルパイやシナモンロールなどのスイーツにつかわれてるシナモン。

ブラックコーヒー以外にも、カプチーノやカフェラテなんかとミルク系、あとは紅茶にもあいます。

棒状のシナモンスティックや粉末のシナモンがありますが、つかいやすい粉末がオススメ。

昔は薬としてつかわれてたシナモン。いまでは美肌効果があると人気です。

ちょい足し

マシュマロ

ブラックコーヒーちょい足し:マシュマロ

昭和のホワイトデーに活躍したマシュマロをブラックコーヒーにプカリと浮かべます。

あたたかいコーヒーならどんどんとけていくので完全にとかして飲むもよし、とけかかってるのを食べるもよし、です。

カフェオレみたいなミルク系にもよくあいます。

マシュマロにつかわれてる砂糖でコーヒーが甘くなるので濃いめのコーヒー、ドルチェグストなら『ローストブレンド(ルンゴ インテンソ)』『エスプレッソ』『エスプレッソ インテンソ』がオススメです。

バラエティ豊かなブラックコーヒー以外のメニュー

コーヒーだけじゃないんです

ドルチェグストを利用しようとおもったけど、ウチでコーヒーを飲むのは自分だけだしなぁ、コーヒーばっかじゃ飽きそうだなぁと心配ですよね。

安心してください。ドルチェグストにはコーヒー以外にも子供に人気のココアやカフェの定番メニューカプチーノや抹茶ラテ、ミルクティーなんかがあります。

そのあたりを紹介していきますね。

カフェオレ

カフェラテもいいけどカフェオレもね。コーヒーとミルクの絶妙なバランス

カフェオレ (カフェインレス)

コーヒーとミルクの絶妙なバランスのカフェオレからら97%カフェインをカット

カフェオレ インテンソ

ノーマルのカフェオレより深いコクのコーヒーを使用

カプチーノ

カフェメニューの定番。エスプレッソとモコモコミルクのすばらしい組み合わせをウチで。

アイスカプチーノ

エスプレッソとミルクとの相性がピッタリ。アイスでスッキリ。

ラテ マキアート

こんもりミルクと濃いエスプレッソが絶妙なやさしさ。こんなのが家で飲めるなんて。

ティーラテ

濃いめの紅茶とやさしいミルクとが出会ったティーラテはロイヤルミルクティーのよう

チョコチーノ

子供にも大人気。リッチな味わいのミルクココア

宇治抹茶ラテ

しまりのある宇治抹茶とやさしいミルクが出会ってしまいました

宇治抹茶

品のある香りと旨みがホッとする

濃い抹茶

濃いのが好きなひとへ。高級宇治抹茶をつかった厚みのあるおいしさ

まとめ

ドルチェグストのブラックコーヒーについて

ドルチェグストのブラックコーヒー全9種類について解説してみましたけど参考になったでしょうか?

ブラックコーヒーと一言でいっても苦味・酸味・香り、そのほかにもコーヒー感や濃さなどいろんな個性があります。

その中から、あなのこのみにあったブラックコーヒーが見つかればいいなーと思いこの記事を書きました。

ここで紹介したブラックコーヒーやカフェオレや抹茶などのドリンクは、コーヒーマシンを無料でレンタルすることで、すこし安く買うことができるんです。

もし気になったらのリンクから公式サイトをのぞいてくださいね。

マシン無料レンタル/ネスカフェ ドルチェ グスト
ドルチェグストの公式サイトに移動します

コーヒーマシンが無料でレンタルできたうえにコーヒーまで安く買えるなんてなんか裏があるんじゃないかと思いますよね。

そのあたりのことについて書いた記事があるので気になったひとは読んでみてください。

ドルチェグストってなに?公式サイトよりわかりやすく解説

【要確認】ドルチェグスト無料レンタル 3つのデメリット

【まとめ】ドルチェグスト無料レンタルの疑問にスッキリ回答2

怪しいドルチェグストのカプセルの中身をスッキリ解説

コーヒーをもっと楽しみたいというひとに向けの記事も書いたのでよかったら読んでみてくださいね。

【至福】コーヒーに合うクッキー12選【相乗効果】

コンビニやカフェで気軽に食べられる コーヒーに合うパン18選

\記事をシェアする/
「ヒザウチ!」はひとりで答えを探すあなたをサポートする暮らし系ライフハックブログ。ちょっとだけ、でも確実に生活の質が上がる情報を発信中! もっと詳しくみる
 
目次