物干し竿 代用は「洗濯ロープ」一択 どっちが代用かわからなくなるレベル

それ、思い込みです。物干し竿がベストではありません。環境によってはコスパ最高・実用的・簡単な『洗濯ロープ』のメリット・デメリット、使い方など紹介していきます。

はじめに

おすすめポイント

物干し竿の代用には

  1. コスパ最高
  2. 実用的
  3. 簡単

この3つの面から考えて洗濯ロープがオススメ。というかこれ一択。

最初は物干し竿の代用品くらいにしか考えてませんでしたが、今では

「洗濯ロープがこの世からなくなったら物干し竿をガマンしてつかうしかないか・・・」

こう考えるようになっています。

洗濯物との格闘に、なくてはならない洗濯ロープ。つかいはじめてもう4年ほどになるお気に入りです。

洗濯ロープ
こういうヤツ。みたことありませんか?

ただのロープじゃなくて、平べったいハシゴ状のロープ。長さは5mのものが多い。手触りは硬め、ゴワゴワ。

素材は「安くて丈夫」という特徴をもつポリエチレン。スーパーの袋やシャンプーの容器にもつかわれてたりします。

洗濯ロープのススメ

愛用する理由

シンプルな2つの理由

わたしが洗濯ロープを愛用する理由はこちら。

  1. 安い
  2. ハンガーストップ機能

それではひとつずつみていきましょう!

この記事を読んだ人に人気
いいところ①

安い

100円〜400円 物干し竿の10分の1

物干し竿が1本1,000〜2,000円のところ、洗濯ロープは100円〜400円。しかもダイソーやセリア、ニトリなど身近な店で買えるのがうれしい。

それに安いから追加で買ったり、買い換える心理的ハードルが低い。ということでウチのベランダには4本の洗濯ロープが張られています。

100〜400円の価格差はなにか気になって調べたら、設置するためにつかうロープの両端についたフックが100均やつはプラスチックだけど、それ以上のやつはステンレス製という違いがありました。

たしかにステンレスはサビにくくて丈夫。でもプラスチック製で十分だと思う。4年つかってるけどまったく問題ないし。

あと、色にも違いがあって、100均やニトリのやつは水色やピンクといった目立つ色なんですけど、400円のやつだとほかでは見たことないホワイトがある。

スーパーのお惣菜は半額じゃないと買わないわたしに400円は高すぎるのであきらめたけど、控えめでオシャレなホワイトはオススメです。

洗濯ロープ 色 比較
画像はamazonさからお借りしました

ホワイトの洗濯ロープが気になった人は下のリンクから現在の価格やレビューを確認してみてください。

お金の話をしたのでついでにもうひとつ。

物干し竿処分しようと思ったら、粗大ゴミなので処理手数料と言う名の手切れ金が1竿200円必要。

だけど、洗濯ロープはプラスチックゴミとして捨てるだけなので別途お金がかかることはありません

わたしは大阪ですが、どこに住んでるかによって処分するときのルールがちがうので確認してくださいね。

いいところ②

ハンガーストップ機能

ズレない、落ちない、乾きやすい

洗濯ロープはハシゴ状。このハシゴ状になってるところにハンガーを差し込むことで、風に吹かれたTシャツが動いてひとかたまりになったり、落ちるのを防止してくれます。

洗濯ロープ ズレ
等間隔で干せるで乾きやすい
洗濯ロープのススメ

洗濯ロープのイマイチなところ

3つのイマイチ

コスパも使い勝手もいい洗濯ロープですが、イマイチなところもしっかりあります。

  • 重いものが苦手
  • 太陽の光に弱い
  • ロープのあとがつく

ひとつずつみていきましょう!

イマイチなところ①

重いものが苦手

やるならせめて2本で

どれくらいの重さなら耐えられるか、というのがどの洗濯ロープにも書いてないので感覚的な話になりますが、ぶ厚い布団や毛布を干すのにはむいてないと思います。

実際に布団や毛布を干してみてロープが切れたことはありませんが、重みでたわむロープをみてると、いつか切れるんじゃないかと不安で目がはなせません。

そこでウチではせまい間隔で洗濯ロープを1本追加。2本つかうことで重さを分散。オススメはできませんが、なんとかいけてます。

イマイチなところ②

太陽の光に弱い

気にするほどではないけれど

洗濯ロープの素材はポリエチレン。

この素材は太陽の光にながくさらされることで白っぽく変色したり、変形したり、もろくなったりするといわれています。

実際につかったかんじでは、そんなに弱い印象もなく、ベランダに設置したままで4年目です。

買ったころと比べるとさすがに色はうすくなりしたが、どこも切れてませんし、フックも変化なし。

ただ、全体的にちょっと伸びたのでピンと張りなおしてつかっています。この感じだとまだまだいけそう。

そもそも100円なので、心配になってきたら気軽に買い換える予定です。

イマイチなところ③

ロープのあとがつく

洗濯グッズで対策可

タオルを直接ロープにかけて干すことがあるのですが、うっすらあとがのこります。

わたしはまったく気にならないのでなにも対策はしていませんが、気になる人もいると思います。

そんな人は小さいタオルならハンガーにかけて干す。バスタオルのような大きいものなら100均やamazonなんかで売ってるバスタオルハンガーを検討してください。

バスタオル ハンガー
こんなの

バスタオルハンガーの評判はなかなかいいので気になったらチェックしてください。

洗濯ロープのススメ

使い方

工具なしで簡単にすぐできる

使い方は簡単。ベランダにある物干し竿をかけるところや、ベランダの柵を利用して洗濯ロープのパッケージに書いてるとおりに設置すればオッケー。

ロープの両端についたフックがいい仕事してくれるので不器用なわたしでも簡単にできました。

洗濯ロープ 取り付け
このとおりとても簡単に取り付けられます。どの洗濯ロープも基本的にこの設置方法。

設置が簡単だからはずすのも簡単。ベランダを広くつかいたいときにはすぐにはずすことができます。

しかも平らなロープなのでバームクーヘンのように丸めてそのへんに置けてジャマになりません。

間違った使い方として、のびたTシャツの首のようにダルダル状態で設置してるのをよく見かけます。それだと洗濯物が地面についてしまうかもしれません。なるべくピンと張りましょう。

洗濯ロープのススメ

室内でもつかえる

出張や旅行、キャンプにも

ベランダみたいに洗濯ロープをピンと張ることはむずかしいかもしれませんが、ひっかける場所があれば室内でもつかえます。

ちょうどいい場所がなくてナナメにしか張れなくても、ハシゴ状態のところにハンガーをかけられるのでズレることはありません。

もしも室内にひっかける場所がなかったら、鴨居や扉の枠につかえるフックをつかってみましょう。ロープをピンッと張れないけど洗濯物を干すには十分だと思います。

これらのフックは100均にもあるので買い物にでかけたついでにチェックしてみてください。

とりあえずどんなものが知りたいなーと思ったら のリンクからamazonや楽天でチェックしてください。

created by Rinker
ノムラテック(Nomuratec)
¥772 (2019/12/10 11:47:31時点 Amazon調べ-詳細)

余談

洗濯ロープとの出会い

キッカケは友達

わたしが洗濯ロープをつかうようになったキッカケは引っ越しでした。

新しく買おうと思ったときにネックになったのが物干し竿の値段。近所のコーナンで1,000円以上。高いわ。

1,000円あげるからおなじもの作れるか?という上岡龍太郎理論で考えたら安いのかもしれないけど、やっぱ高い。

そこで友達はどうしてるのか聞いてみたら出てきたのが洗濯ロープだった。

その友達が住むのは風の強いマンション9階。風で洗濯物が落ちたり、ハンガーがズレないという理由と100均にあるってことで選んだんだとか。

話を聞いてると良さそうだったのと、もし失敗しても100円だしってことで早速購入。

はじめから使いやすさとハンガーがズレないことに感動して今に至ります。

まとめると

物干し竿の代用ならこれ一択

ご検討あれ

洗濯ロープならではのイマイチな部分がありますが、それ以上の実用性とコスパの良さがあるので、物干し竿を買うまえに考えてみてください。

この記事を読んだひとに人気の記事はこちら!時間があればどうぞ!

安いフライパンをながくつかって節約 498円の安いフライパンを1年以上長持ちさせた話

ダンナとケンカしたことないひと以外に捧げます 【家を出たい主婦へ】旦那と喧嘩したあとのおすすめプチ家出先

まだ物干し竿をつかってるの? 髪を乾かす時間とめんどくささを半分にした私の体験談

節約家はつかってるコンセントタイマーって知ってますか? 【節約】自動で電源オンオフが繰り返されるコンセントタイマーをタイプ別に紹介

知っておいて損はない 新聞紙が欲しい時、無料でもらえる8つの方法

家事の合間に コーヒーに合うパン|コンビニで買える菓子パンからホテルレシピまで

炊飯器のコーティングが気になったら 【危険?!】内釜コーティングがはがれた炊飯器への対処法を紹介

なるべく安くおいしい餃子をたべる 餃子の日以外にも安い日あり!餃子の王将の餃子を5%オフ〜半額で食べる方法

洗うの詰めるの楽! 入手困難なジップロックは諦めろ!オススメの仕切り一体型弁当箱

コンビニクオリティのうまいコーヒーをウチでも ドルチェグストってなに?公式サイトよりわかりやすく解説

\記事をシェアする/
「ヒザウチ!」はひとりで答えを探すあなたをサポートする暮らし系ライフハックブログ。ちょっとだけ、でも確実に生活の質が上がる情報を発信中! もっと詳しくみる
 
目次